スポンサードリンク

急性膵炎で退院した直後の父が暴飲暴食で再入院→医者は誤診があったのかと大騒ぎに



20150708231214


370: 名無しさん@おーぷん 2016/03/22(火)09:06:33 ID:Ine
結果的にいろんな人を巻き込んでしまった、父の入院の修羅場

酒好き、肉好きで典型的メタボ体型だった父。
それでも意外と生活習慣病とかがなく健康自慢だったが、
あるとき急にひどい腹痛になり、救急車を呼んで深夜救急に行った。
診断は急性膵炎。少し離れた病院の消化器内科に入院した。
主治医は若い女の先生と、40代くらいの男の先生のペアだった。
たぶん、研修医と上司とかなのだろうと思う。

幸い、症状は重度ではなく、10日くらいの入院で退院でき、
あとは通院で経過観察ということになった。
退院の日、母は法事、私は仕事で迎えに行けなかったが、
父は自分で帰れると言ってたので、一人で帰ってもらうことにした。
後から考えればこれが失敗だったと思う。

夕方、法事から帰ってきた母が見たのは、
顔面蒼白で脂汗をかいて居間で寝込んでいる父だった。
慌てて救急車→再入院に。

私も仕事を切り上げて病院へ向かった。
入院待機室で私が見たのは、女医さんに謝り倒している父、
何とも言えない表情の女医さん、そして父に半泣きで怒っている母。


再入院の原因は父の食欲だった。
退院時に主治医から「まだ膵臓が本調子ではないので、
なるべく消化の良いものを食べてください。
お酒や脂っこいものは次の診察までは我慢してください」
って言われていたのに、午前中に病院退院後、
家には誰もいないし、昼食を食べていこうと駅ビルの食堂街へ

食べたのは
トンカツ定食、瓶ビール、退院祝いにビールもう一本と揚げ物のセット

・・・アホか!!

母は「情けない」と怒りまくり、父は点滴が抜けたあと
女医さんに病室で土下座して母にもう一回怒られたらしいw
スポンサードリンク
  • コメント欄

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    人気記事